bizSPA!フレッシュに掲載されました

Pocket

【「実はムダだらけの営業」を変えるため、僕が20歳で起業した理由】

政府が推し進める働き方改革。さまざまな働き方の波が広がっているが、なかでも「副業解禁時代」が来たと言われるようになって1年が経った。

2018年1月、厚生労働省が「モデル就業規則」において副業を原則禁止・制限していた従来の規定を削除したことから始まったこの流れ。しかし、具体的にどうはじめてよいのかわからない人も多いと思う。

そんななか国内初の営業特化型クラウドソーシング「kakutoku(カクトク)」を立ち上げたのが、カクトク株式会社代表取締役の満田聖也さん。

営業職にとっては願ったり叶ったりのサービスだが、代表の満田氏はなんと20歳で会社を興した。どんな人物なのか、本人に話を聞いた。

続きはこちらをご覧ください。